<   2015年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ミルクフォーマーを買いました。

TIGER ( Flying Tiger Copenhagen ) で、ミルクフォーマーを買いました。
£3なり~♪

b0347323_02014166.jpg
・・・と、書いたところでスマホから投稿してしまってました。(下書き保存するつもりが!)

毎日使っています。ふんわりの泡でコーヒーがおいしい♪
というか、モコモコミルクだけでもおいしい~。

オススメです(^^)




[PR]
by risaimei | 2015-03-13 01:56

Baby-led weaning、やってみる!?

少し前(メイがそろそろ6ヶ月になろうかという時)に、
地域のChildren Centreに行く機会があって、
そのときにスタッフの人と「そろそろ離乳食始めなくちゃいけないんだけど、もうすっかり一人目にどういう風に作ってたか忘れちゃったわ~」なんていう話をしていたら、
「良い本があるから、貸してあげるわよ!読んでみて。返すのは離乳食が落ち着いてからで良いから!」と、Baby-led weaningというタイトルの本を貸してくださいました。

だけども、それからなんだかバタバタと毎日を過ごして、借りたものの、その本を全然読んでいなかったんですが、
離乳食を始めてしばらくして、なかなかメイの食べる量とかが増えない?というか離乳食がなんとなく進んでいないなぁという気がしていて、
こんなもんだっけ?でも、これじゃ大さじ1杯も食べてないかも?なんて悶々と考えるようになり・・・

なんとなくインターネットで情報を探していたら、
Baby-led weaningの文字。

ああ、そういえばこんな本を借りていたんだった。返さなくちゃいけないし、そろそろちょっと目を通してみようか・・・と思うものの、
英語が苦手な私、英語の本を読むとなると、非常に時間がかかるわけです。(まるで、受験勉強の気持ちです。汗)
日本語でちょっと情報ないかな~と再びインターネットで探してみると、海外在住のママさんたちが書いてらっしゃるブログでいくつかBaby-led weaningについて書いてある記事を発見しました。

Baby-ledのタイトルどおり、赤ちゃん主導というやりかたの weaning (離乳食)とな。しかも、イギリス発祥。ふむふむ!

なんと、ピューレ状にしたりつぶして食べ物をあげるのではなく、やわらかめに煮た野菜など(ローストディナーに添えてある野菜みたいな感じでしょうか。)を、そのまま赤ちゃんに「持たせて」食べてもらうんだそう。
スプーンで食べさせるのではなく、「赤ちゃんが手づかみで、自分で持って食べる」というのをするそうなのです。
ほえ~!
目からうろこ、とはまさにこの事。今まで、考えたこともありませんでした。
しかも、現在では、このやり方のほうを推奨しているそうなのです。
それで、政府が運営しているChildren Centreでも、あえてこの本を貸してくれたんですね。

メイは私が食べさせようとするスプーンを、隙あらば彼女の両手でガシっとつかんで、私が口に入れるよりも前に、自ら口に運んでくれるタイプ。
それで、スプーンがコントロールしにくくて大変・・・と思っていたところでしたが、
このBaby-led weaningの方法なら、もう、いっそのこと割り切って彼女に食べ物を手づかみで食べてもらうっていうのが、性格的にも理にかなってるんじゃない??とさえ思えてきました。

とはいえ、まだまだ自分の中に情報が足りませんので、実際に始める前には、もっと知識を得てからと思っています。
まずは、今から、受験勉強のような気持ちと覚悟で、Baby-led weaningの英語の本を読んでみようと思います。
メイ(とアイ)のためなら、母ちゃん頑張るよ!

b0347323_05511838.jpg


ちなみに、この本をかりました。http://www.amazon.co.uk/Baby-led-Weaning-Helping-Your-Baby/dp/0091923808/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1425761433&sr=8-1&keywords=Baby-led+weaning306人もレビュー書いてる!すごいな・・・
[PR]
by risaimei | 2015-03-08 05:53 | 育児

子供のボキャブラリーを伸ばす方法

子供のボキャブラリーを伸ばしたい。

というのは、私が常々思っていることです。
特に、日本語!

この先もおそらくずっとイギリスで生活していくので、子供たちの母国語は英語になると思うのですが、
アイにもメイにも、可能な限り日本語を使えるようになってほしいと願っています。

バイリンガルになるって、かなり大変なことだと周りの先輩ママさんから話を聞いているので、
自分が子供たちに何をしてあげられるのか、
どういう環境が必要なのかとか、
情報収集と知識と、努力と忍耐力が必要になりそうな予感・・・。

英語はおそらく、日常生活や学校生活で自然と覚えると思うので大丈夫と思うけれど、日本語の維持が課題だな~。

インターネットでいろいろと読んでいたら、○○語やバイリンガルという括りじゃないけれど、
「子どものボキャブラリーを伸ばす7つの方法」という記事を発見しました。

ライフハッカーというサイトからです。
http://www.lifehacker.jp/2014/10/141021_vocabulary.html

1. 大人の言葉で話す。
2. ストーリーを語らせる。
3. 定期的に会話する。
4. 家中のものに名札を貼る。
5. わが子のボキャブラリーに注意をはらう。
6. 間違いは注意深く正す。
7. 気長に構える。

ということです。(詳しくは、ぜひ記事を読んでみてください。)

我が家は子どもが3歳と0歳なので、今すぐ全部ができるわけじゃないけれど、
少しずつ取り入れていきたいって思いました。

大人の言葉で話す、定期的に会話するなどは、親からの発信なので、日ごろ気がけていこうと思います!

・・・というか、子供のボキャブラリーもだけど、
私の英語のボキャブラリーもなんとかしなくちゃ・・・(-_-;)と在英7年で痛感するのでした。
がんばろうっと。

[PR]
by risaimei | 2015-03-07 00:00 | バイリンガル育児(日×英)

アイ、3歳になりました!

アイ、先日3歳になりました。

この3年間、本当に早かったー!というか・・・、3年過ぎたからそう思えるけれど、
思い起こしてみれば、すごく長く感じた日や期間なんかもあったり、いろいろ入り混じった3年間でした。

まず、生まれて直後にNICUに直行。心配でたまらない日々。
(その後、おかげさまで半年ごとの大学病院での定期検査を無事にクリアし、2歳半で「大丈夫!」とお墨付きをいただきました。)

魔の2歳児は、噂どおりなかなか大変な日々で(3歳になったいまも、まだ継続中ですが・・・苦笑)、
それまでは、本当に育児に行き詰った気持ちになるって事はほとんどなかったけれど、
魔の2歳児らしき難しさが始まってからは、正直・・・気持ちがアップダウンな日々もありました。

もちろん、そういう心配ごとや育児の難しさを感じる日々ばかりだったわけじゃなくて、
本当に楽しい3年でもありました。

本当に愛しくて、笑顔をいっぱいくれて、私と夫の宝物のアイ。(もちろんメイも!)
彼女といると毎日が発見の日々。
(目に見えることも、見えないことも。)

それに、アイが生まれてくれたおかげで夫婦や家族の絆がさらに強まったと感じています。

きっと、これからの毎日も同じなんだろうな。
そして、あっという間に大人になっていくのかな~。


普通の繰り返しにみえる毎日も、あたりまえと思える時間も、夫と娘たちと、感謝を忘れずに、大切にすごしていこうと思います。

アイやメイに幸せと愛情をたくさん伝えられる母親をめざしたいな。


アイちゃん、毎日一生懸命大きくなってるね。
新しく知ること、見ること、出会うことがいっぱいの日々かな。
アイちゃんにたくさんの笑顔と幸せが訪れる人生になりますようにと、ダディもマミィも願っていますよ。
3歳、おめでとう!
b0347323_06295796.jpg
ケーキや甘いものを食べたがらないので、
今年もご飯ケーキ(今回は混ぜご飯&薄焼き卵)になりました。
ショボイ...ですが、記録として残しておきます。(苦笑)



[PR]
by risaimei | 2015-03-06 06:36 | 育児

在英9年目になりました。イギリス人の夫と共に、イギリス南部で2人の女の子育児奮闘中。「コメント」大歓迎♪


by リス
プロフィールを見る
画像一覧